院長紹介と方針|立川市 「たもり内科クリニック」 立川駅より徒歩2分|病院|内科・糖尿病内科・血管外科

院長紹介と方針

たもり内科クリニックは、動脈のアンチ・エイジングを目指します。

安心できる、身近な「かかりつけ医」

たもり内科クリニックは、皆様の「安心できる、身近なホームドクター(かかりつけ医)」でありたいと思っています。

かかりつけ医は、皆様の病気の予防、治療から療養、健康相談まで幅広くカバーする、患者さんにとって一番身近な医師です。身体の調子が悪いときや、不安に思ったときは、我慢なさらずに、お気軽にご来院ください。症状の解決に全力を尽くします。

診断の結果、より専門的診断・治療が必要な場合、連携病院の専門外来を、当クリニックが直接ご紹介いたします。連携病院での検査・診断・治療後は、密接な連携をとり、当クリニックで引き継ぎ治療を継続することが可能です。

発病を未然に防ぐアンチ・エイジングの視点

“人は動脈と共に老いる”といわれています。動脈硬化は加齢現象として、避けて通れない道ですが、生活習慣の改善や治療によっては、動脈硬化の進行を防ぎうる可能性があります。たもり内科クリニックは、動脈のアンチ・エイジングを目指します。

糖尿病外来・動脈硬化外来では、動脈硬化の危険因子としての、糖尿病高血圧高脂血症(脂質代謝異常症)等の生活習慣病診療に積極的に取り組みます。 健康診断・人間ドック等で、血糖・血圧・コレステロールが高い、また、メタボリック症候群といわれた方は、当クリニックをご受診ください。

患者さんの意向を反映した治療

動脈硬化は生活習慣に礎があります。治療方針には、患者さんご本人の意向が反映されなければいけません。 医療者側から指示されるのではなく、医療者とご本人との会話の中で、共によりよい治療方針を決定していきましょう。

医学博士:多森 芳樹(タモリヨシキ)

昭和35年3月1日生まれ

  • 日本外科科学認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
  • 日本糖尿病協会療養指導医
  • 西東京臨床糖尿病研究会評議員

経歴

昭和59年愛媛大学医学部卒業
愛媛大学付属病院第一外科入局 - 血管外科医に従事
平成02年日産自動車(株)コンサルティングドクター
平成06年ブリヂストン東京診療所 - 糖尿病や動脈硬化の予防・診療に従事
平成21年たもり内科クリニック開設

趣味

  • 野球観戦:秋山幸二氏(元選手・現福岡ソフトバンクホークス監督)のファン。

院長のコラム